お金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス

お金を借りたい人、貸したい人は世の中に多く存在する事は誰もよく知る事実です。そしてその仲介を行うにあたって銀行がおり貸付人は銀行または金融機関と言うことが当たり前。

そしてこのようにネット上でお金を貸したい人と買いたい人、または企業を結びつける仲介サービスがソーシャルレンディングになります。実際には金融機関ではないサービスの運営事業者が審査を行った上で借り手の格付けを行って菓子店にどれだけの保証があるかを情報提供した上で金利を決めて貸し付けることになります。

株式投資などに比べると利率も高くなり、短期での回収もできることがメリットです。しかしながらもちろんのことながら、リスクが高いことも言うまでもありません。

またソーシャルレンディングの類型としてはオークション型もあります。
お金を借りたい方がインターネット上でどのような条件、どのような信用条件であるかまで明確にした上でお金を貸すべきかどうかをオークション形式で決めることになります。もちろん、個人情報などは公開されませんが、客観的なデータを下にしたソーシャルレンディングの累計になります。

もう少し信用性を高めたソーシャルレンディングとしては貸付方やファンド型があります。サービス運営事業者がお金を借りたい企業の審査をして金利や金額、返済期間などを決定します。お金を貸す側にとってはその条件を見ていくら出資するか決めることができますのでリスクを低めることができるでしょう。

しかしながら、必ず心得ておかないといけないのは運営事業者には責任はなく、仮に返済が滞ったとしても保証ができないと言うことです。

日本ではまだまだ認知が低い投資の仕組みになりますが、クラウドファウンディングサービスなど、インターネット上の金融商品、金融サービスがどんどん広がってくる中。個人対個人のせどりサービスや商品売買も行われるようになり、今後注目されることが出てくるかもしれません。

もちろん、投資に対してあまり積極的ではない、そしてリスクを好まない日本人にとってソーシャルレンディングが見合っているかどうかと言えば少し疑問符がつきますが、環境は少しずつ変わりつつありますし、ソーシャルレンディングサービスを展開する事業者にとっても先行者メイトを持ちたいと言う意識もあるかもしれません。

投資家にとってもどのような事業者が適しているかどうかを見極めるためには先行者メリットを生かして活用していくことが一番ポイントになってくるのではないでしょうか。 

SNSでもご購読できます。