インターネットの副業であるせどりとは何か?

はじめに

インターネット上で行う副業というのは、アフィリエイトなど多くの種類がありますが、最近はせどりという言葉を聞くようになりました。せどりというのは一体何なのでしょうか?また、どんな副業のやり方なのでしょうか?

せどりとは転売でお金を稼ぐこと

せどりという言葉の意味に関しては、国語辞典などにかなり詳しく書かれているようですが、ここでは、インターネット上で行う副業の意味で、せどりという言葉を説明します。まず、せどりというのは簡単に説明すると、あるものをお金を払って仕入れて、そのあと、仕入れた時のお金をよりも高い価格で販売をして、その分の利益を得ることです。

インターネットの副業の目的はお金を稼ぐことですが、せどりは、その手順で得られた利益が稼いだお金となります。人によってはせどりよりも、転売でお金を儲けると説明した方が分かりやすいかもしれません。実際やることは、あるものを仕入れて、転売するということになります。

何を仕入れてお金を稼ぐのか?

あるものを仕入れると聞いて、何を仕入れるのか気になる人が多いかもしれません。仕入れるものが何かは特に決まってはいないのですが、せどりという言葉が使われ出した時は、古本屋で本を仕入れるという話がよくされていました。本というのは、膨大な種類がありますが、その中には希少価値が高い本が有ります

古本屋でそのような希少価値が高い本を安値で仕入れて、仕入れ値よりも高い値段で値段で売ることが、せどりや転売となります。しかし本を仕入れても、どこで高い値段で売るのかという疑問があるかもしれませんが、多くの場合はインターネットのオークションサイトで売ります。

せどりや転売に関して詳しくない人は、とりあえず古本を安く仕入れて、インターネットのオークションで高く売るというイメージを持てばいいと思います。

せどりと古物商許可

せどりについてある程度の知識がある人は、実際にせどりでお金を稼ぎたいと思うかもしれません。インターネットを利用して手軽にできる副業ですし、お小遣いレベルのお金を稼ぐことは難しくありません。しかし、注意点があります。

せどりで、とても多くのものを転売して利益を得ている場合は、古物営業法に基づく古物商許可が必要になる場合があります。人によっては、せどりをやってみたら、とても多くのお金を稼いでしまったということがあります。そうなると、せどりを本業にする人が出てきたりします。

もし、せどりを本業にしたり、または副業でも大量のものを仕入れて販売している場合は、古物商許可があったほうがいいです。過去に大量の数のせどりをしていた人が、古物営業法違反で逮捕されたことがあるのです。古物商許可については、警察署への相談が必要なようですが、人によっては手続きが大変だったりします。

SNSでもご購読できます。